FC2ブログ

Entries

迷走

こんにちは、ホセです。とりあえずセビリアに帰ってきました。まあ、聞いてください。もう少しで給料がもらえなくなるところでした。


本当に飽きがきていた俺は、前回のリストアップ表と睨めっこを続けていた。やはり、人の話だけでは何とも言えん。実地で確かめるために、俺はバルト海に向かった。久しぶりのロンドンは、やはりどんよりとした曇り空をみせていた。

暗鬱な天気の元、順調にバルト海まで航海した俺は、ストックホルムを根城に周辺の半海賊半漁師を絞めあげることにした。ここら辺のやつは概ねピンネースに乗ってる奴が多い。すぐに今のウチの船員どもでは食い足りないことが判明し、急遽スウェーデン私掠狩りに変更したわけだが、これがまあ、ツライのツラくないの。

奴らの船は重キャラベルや重キャラックが主流の4隻から3隻艦隊なのだが、平気な顔して白兵仕掛けてくる。しかも、通常なら旗艦を中心に円運動で動きまわるのが、全くバラバラで各個に白兵へと持ち込もうと動く。

こっちは動きの鈍い商用大型キャラックだけに、それに対応することができなくて撃沈撃沈また撃沈。機雷撒いても踏みゃしない。たまにうまく撃破できても、次はできないというのの繰り返し。たまらん。

さらに、困ったことに、戦闘帆が破れ鉄板が壊れても近場の港で補給が全然できない。真っ当に補給しようと思ったら、ロンドン辺りまで戻らないといけない。こいつはウマくない。

というわけで、大砲が2基壊れたところで、俺はバルト海を脱出、西アフリカへと向かうことにした。

実は以前、少しだけラスパ沖に滞在していたことがある。その時もジェノヴァに飽きたときだったが、その時はそこそこウマかった。今回もそうありたいと願ってはいたが……。

ラスパからアルギン、カーボヴェルデ、シエラレオネ、アビジャンと下っていっても一向にガレオンと出会わない。姉貴の手紙では、「ガレオンうじゃうじゃ」という話だったが……。おかげでこっちの経験にもなんにもならない戦闘用キャラック辺りを相手にさせられる。

サンジョルジュ近辺まで来て、ようやく骨のある相手が見つかったが、その頃にはもう戦闘帆が1枚破れた状態。おまけに各港の役人に賄賂を渡していたら、超貧乏になっていた。

まあ、貧乏はしょうがない。地道に商売して稼ぐしかないわけだが、サンジョルジュの困ったところは、船の装備品が全く売ってないことだった。そして、今度は追加装甲が壊れた。

結局、俺はリスボンに逃げ帰ることになってしまい、そこからまたジェノヴァに戻ることになった。はぁ…………何してんだ、俺…………。
スポンサーサイト



* 2007-03-21 * 大航海 * comments (0) * trackbacks (0) *
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://solidas.blog29.fc2.com/tb.php/146-16c30ea2

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

でぃー@ミネラルヲーター

Author:でぃー@ミネラルヲーター
1st:シシリア
国籍:イスパ
鯖:NOTOS
商会:まったり冒険旅団→まったり冒険旅団2→無所属→いらん子
職業:商人見習い→食品商→釣り師→用心棒→食品商→地方海賊→釣り師→薬品商→食品商→釣り師→地方海賊→準士官→地方海賊→食品商→運び屋→武器商人→測量士→釣り師→砲術家→香料商人

2nd:リガ酒場マスター
国籍:ポルトガル
商会:いらん子
職業:冒険見習い→家畜商

3rd:R(仮名)
国籍:イスパニア
商会:秘密
職業:冒険家見習い→発掘家→鉱物商→発掘家→鉱物商→準士官→用心棒→傭兵→測量士→史学家→測量士→家畜商

FC2 Blog Ranking

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

BrogGVList

DOL TB

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

DOL LINK