FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* -------- * スポンサー広告 * *
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://solidas.blog29.fc2.com/tb.php/173-5d67e4f9

-件のトラックバック

-件のコメント

お?

ぼくのかわりに記事を書いてくれる人がいるのはここですか?
やったね。ん?
2007-06-22 * めけ * URL  [編集]

手抜きイクナイ!
2007-06-23 * シシリア * URL  [編集]

ぼくのかわりに記事を書いてくれる人がいるのはここですか?
やったね。ん?

↑コメントまで人のパクリでw(マテ
2007-06-23 * Lucrezia Rosso * URL  [編集]

コメントまで手抜きとかどんだけ~~~


すいません、使いたかっただけです、すいません
でも手抜きイクナイ!
2007-06-23 * シシリア * URL  [編集]

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

プレステ・ジョアンの国って何? その1

公式イベントであるところの「プレステ・ジョアンの国」、冒険者なら、一度はブチ切れながらやったことはあっても、商人や軍人には馴染みがないこと120%!

そんなわけで、今回はよくわかるプレステ・ジョアンの国のお話。多分、次回もこのネタ。




この話、12世紀から連綿と続く伝説で、恐らくは苦戦続きの十字軍遠征への、援軍待望論から端を発したと思われる。

んで、ネタ元となったのはキリスト教の伝承。

伝説によると、キリストの弟子で十二使徒に数えられるトマスというオッサンが、インドまで布教に出向いた。そこで、インドの王様にバッサリとヤラれてしまうわけだが、王様はこれを深く後悔。キリスト教に改宗して死亡する。王の死後、その息子が王位を継ぎ、ついでに司教も兼ねた。これがインド正教会の大元になった。

ってところまでが伝説。実際に、トマスのオッサンがインドまで行ったかはまったくの謎だが、インド正教会というのはある。東方諸教会の一派でトマス派というのがそれ。インド南岸のマラバル海岸一体に信者がいるみたい。マラバル海岸ってどこって話だが、ゴアの南なんでカリカットとかコチンとかあそこら辺。

まあ、トマスのオッサンの話はさて置いて、この話を持ち込んだのが、東方諸教会のネストリウス派と呼ばれる人達。この人ら、アッシリアの近辺(現在のイラク北部)に住んでる人らが多いのだが、大元はシリアのアンティオケアとエジプトのアレクサンドリアの教義闘争の産物である。結局、アンティオケアの総主教が、破門をくらい「だったら、こっちで総主教立てるぜ!」とペルシアのクテシフォンに新しい総主教座を建てたのが始まり。

このネストリウス派、布教活動の一環でインドに赴き、その際に前述のトマス派と呼ばれる東方教会が誕生したというのが有力な説なわけだが、実は中国まで足を延ばしている。唐時代の景教がそれで、流れ流れてモンゴル帝国のほうまで広まった。まあ、これがプレステ・ジョアンの国と言えなくもないっちゃないのだが。

12世紀、アンティオキア公国のエライさんが、時の教皇に「聖書に書いてある東方3博士の子孫で、ネストリウス派の王で司祭であるところのプレステ・ジョアンってやつが、最近メディアとペルシアを破って十字軍の救援のためにエルサレムに行こうとしたんだけど、チグリス川の氾濫で引き返した」という与太話を吹き込んだ。これがまあ、始まり。

当時、カラ・キタイがセルジューク朝の軍を破ってるので、これが誤って伝えられたと思われるが、この話を聞いた教皇大喜び、第二次十字軍発令の際には「東からプレステ・ジョアンってやつが大軍率いて援軍に来るから、お前らきばってエルサレム奪還してこいや」とまで言っちゃった。

まあ、第二次十字軍は大失敗に終わったわけだが、この戦争中に「東方3博士の子孫でインドの王プレステ・ジョアン」から「ビザンティン皇帝」への手紙ってのがヨーロッパ中に出回る。複製に複製を重ね、尾ヒレ腹ヒレ背ヒレまで引っ付いた明らかに偽造なこの手紙だが、なぜか時のローマ教皇は信じちゃう。信じた挙句に使者まで出して「これを機会に国交樹立経済発展十字軍遠征に協力を」なんて手紙までもたせちゃう。まあ、使者のほうは途中でトンズラこいたか死んだかしたみたいなんだが、手紙のほうは大人気。マルコ・ポーロなんてプレステ・ジョアンもジパングも信じてたんだから、情報伝達の手段がないってのは恐ろしい。

次回は13世紀からのお話だよー
スポンサーサイト
* 2007-06-22 * 大航海 * comments (4) * trackbacks (0) *
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://solidas.blog29.fc2.com/tb.php/173-5d67e4f9

0件のトラックバック

4件のコメント

お?

ぼくのかわりに記事を書いてくれる人がいるのはここですか?
やったね。ん?
2007-06-22 * めけ * URL  [編集]

手抜きイクナイ!
2007-06-23 * シシリア * URL  [編集]

ぼくのかわりに記事を書いてくれる人がいるのはここですか?
やったね。ん?

↑コメントまで人のパクリでw(マテ
2007-06-23 * Lucrezia Rosso * URL  [編集]

コメントまで手抜きとかどんだけ~~~


すいません、使いたかっただけです、すいません
でも手抜きイクナイ!
2007-06-23 * シシリア * URL  [編集]

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

でぃー@ミネラルヲーター

Author:でぃー@ミネラルヲーター
1st:シシリア
国籍:イスパ
鯖:NOTOS
商会:まったり冒険旅団→まったり冒険旅団2→無所属→いらん子
職業:商人見習い→食品商→釣り師→用心棒→食品商→地方海賊→釣り師→薬品商→食品商→釣り師→地方海賊→準士官→地方海賊→食品商→運び屋→武器商人→測量士→釣り師→砲術家→香料商人

2nd:リガ酒場マスター
国籍:ポルトガル
商会:いらん子
職業:冒険見習い→家畜商

3rd:R(仮名)
国籍:イスパニア
商会:秘密
職業:冒険家見習い→発掘家→鉱物商→発掘家→鉱物商→準士官→用心棒→傭兵→測量士→史学家→測量士→家畜商

FC2 Blog Ranking

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

BrogGVList

DOL TB

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

DOL LINK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。