FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* -------- * スポンサー広告 * *
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://solidas.blog29.fc2.com/tb.php/174-0934bbe4

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

プレステ・ジョアンの国?なんぞその2?

こちらの方は借金の返済に走り回って四苦八苦してるし、こちらの方は無印クリポーに乗るために発見しまくりだし。明らかに手抜きする気満々です、本当にあり(ry


プレステ・ジョアン。英語風にするとプリースト・ジョン。和訳すると神父ヨハネ。「プレステ・ジョアン王国」じゃありません。「プレステ・ジョアンが率いる王国」が正しい。

さてさて、前回は12世紀に話が伝わって、手紙が大流行したという話まで。本日は13世紀からのお話です。

そろそろプレステ・ジョアンなんて単語が誰の頭の中からも消え去り、一部の人間だけが信じてた第五次十字軍の頃。第五次十字軍はアレクサンドリアを目標に掲げながら、結局カイロ攻略に失敗して敗退を余儀無くされたわけだが、これに従軍していたアッコンの司祭が「プレステ・ジョアンの孫のダビデ王が、ペルシャを征服してバグダッドに向かっている」という報告をした。

アッコンってのは、イスラエル北部の港町。パレスティナのおっさんのいう話だから地理的に近いし、信憑性も! などと思ってはいけない。

実際はこれ、どうやらチンギスハーンのことだったらしい。さすがに今回は裏を取ろうと思ったのか、教皇庁は2回に分けてフランシスコ派の修道士を派遣している。それによると、モンゴル北部の遊牧国家ケレイトのオン・ハンが、プレステ・ジョアンじゃないかという話だったのだが、この人、チンギス・ハーンの義理の親父のくせにチンギスに殺されている。そりゃまあ、チンギスに追い出されたバカの口車に乗って、襲い掛かれば首チョンパもしょうがないよね。

ただ、モンゴル帝国形成の上で、チンギスが滅亡吸収していった部族の中でもケレイトやナイマンなどはネストリウス派キリスト教国だったので、まあ、実際にはなくはなかったわけだが、教皇庁のお花畑に住むにはちょっとばかり弱すぎた。

で、この話を最後にプレステ・ジョアンの国は伝説になり、聖杯がプレステ・ジョアンの国にあるなどなんだのと聖杯伝説と結びつき、世界中のオカルト大好きっ子たちのネタ元に使われるようになる。

さらに時代は進んで、14世紀になるとエチオピアから30人の使者がローマに着く。エチオピアには昔からキリスト教国があることが知られていた。というのも、キリスト教の伝説の中にはキリストの12使徒のマタイ
がエチオピア、またはペルシャのヘリオポリスで殉教したとされるからである。

また、エチオピアのキリスト教はコプト派と呼ばれるが、これは、元々アレクサンドリアの総主教のお膝元で生まれた教理で、アレクサンドリアには福音書を書いたマルコの開いたコプト教会があり、ここから始まったとされるのだ。このコプト派、発祥は古かったものの、その後イスラム教の台頭を受けて、今ではエチオピアが最大の教徒を抱えるお国になってしまった。

余談だが、このマルコさん、ヴェネチアの守護聖人である。なんでも828年にアレクサンドリアからマルコの聖遺物(そう信じられてる)を奪い、それがヴェネチアに到着。そのため、ヴェネチアはマルコを守護聖人としたわけだ。嘘臭いことこの上ない。

さらなる余談。ヴェネチアの紋章である聖マルコ紋章。ライオンが書かれていることがわかると思うが、これはエゼキエル書にある4つの生き物を、4つの福音書に振り分けたからである。マルコに振り分けられたのはライオンだったので、ヴェネチアの紋章には守護聖人を表すライオンが描かれているわけだ。

で、エチオピアから使者が来たー=プレステ・ジョアンの国から使者が来た。に教皇庁以下各国お歴々の脳内変換が行われた結果、公式文書にはキッチリエチオピア皇帝とプレステ・ジョアンが同義として使われたりする。実際にポルトガルがエチオピアと国交を樹立した際には、はっきりと同義として書かれているからスゴイ。おまけにモンゴルからアフリカに逃れてきたんだ! などと変な電波を受信したようなことを言う奴まで出てくる始末。物事は得てして都合のいいほうへと改変されるという典型である。おペペ様が大好きなヴァスコ・ダ・ガマも誤認したんだから。

ところが、コプト派のほうはお怒りモード発動である。「なんといってもウチは由緒正しい使徒継承教会で、4世紀には改宗してる! おまけにウチの皇帝陛下はソロモン王とシバの女王との間の子がご先祖だ! ついでにいうとモーゼの契約の箱(俗にいうところの聖櫃Ark)だってウチにあるんだから、プンプン」

しかしながら、エチオピアの主張は長らく通らなかった。使徒継承教会はいいとしても、それ以外の話は眉唾どころか、どこの与太なんだかという話だからだ。まあ、それを言えばプレステ・ジョアンだってそうなんだけど。

で、17世紀になって、世界の様子がちっとばかりわかってくると、「プレステ・ジョアン? なにそれ?」な状態になってしまう。まあ、世界中探して見つからないんだから、そうなるのも当然なわけだが。

最後はちょっと近代のお話でもしますかね。ってことは次もあるってことか!
スポンサーサイト
* 2007-06-27 * 大航海 * comments (0) * trackbacks (0) *
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://solidas.blog29.fc2.com/tb.php/174-0934bbe4

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

でぃー@ミネラルヲーター

Author:でぃー@ミネラルヲーター
1st:シシリア
国籍:イスパ
鯖:NOTOS
商会:まったり冒険旅団→まったり冒険旅団2→無所属→いらん子
職業:商人見習い→食品商→釣り師→用心棒→食品商→地方海賊→釣り師→薬品商→食品商→釣り師→地方海賊→準士官→地方海賊→食品商→運び屋→武器商人→測量士→釣り師→砲術家→香料商人

2nd:リガ酒場マスター
国籍:ポルトガル
商会:いらん子
職業:冒険見習い→家畜商

3rd:R(仮名)
国籍:イスパニア
商会:秘密
職業:冒険家見習い→発掘家→鉱物商→発掘家→鉱物商→準士官→用心棒→傭兵→測量士→史学家→測量士→家畜商

FC2 Blog Ranking

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

BrogGVList

DOL TB

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

DOL LINK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。